Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

洋楽の歌詞で毎日、新たな(知らなかった)表現に出会うことができます。

 ãCalvin harris liveãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
 
新譜の洋楽の歌詞の中に新たな(知らなかった)英語表現に出会うことができます。
私が洋楽の新譜の歌詞の英語表現を紹介している【洋楽の歌詞で覚える英文法・英語表】シリーズでは、中学生から社会人に参考になりそうな英語表現をピックアップしておりますが、中には私自身も全く知らなかった英語表現・スラングが入っていたり、一度見たことある表現も「そういえば、こんな表現あったと」と思いだすこともできます

彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。楽しいから歌詞の意味を理解しようとし、そのまま覚えて、歌った――彼にとっての「英語の勉強」というのは、たったそれだけだったわけです。もちろん、学校での学びもある程度は意味があったかも知れません。しかし、書いた英文から判断して、その英語力の大半を歌詞からつかみ取ったことは間違いありませんでした。

Source: 洋楽のパワーで英語力を伸ばす (2ページ目):日経ビジネスオンライン

 

関連記事