Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

錯覚資産とTOEIC高得点

 

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

 錯覚資産(人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている - 第一章 - 分裂勘違い君劇場 by ふろむだ)という言葉が流行しておりますが、自分の錯覚資産は何かと考えてみました。

私の錯覚資産:

  • TOEIC900点越
  • 海外駐在5~7年(現在進行形)
  • 貿易の実務経験がある、本業に加え副業の輸出入ビジネスで利益出した実績がある(貿易実務検定取得予定)
  • 紙の本を出版したことがある..
  • ...

こうみるとあまり資産はないのですが、『錯覚力タイプは、実力タイプよりも、よりよいポジションや成長のチャンスを手に入れられる』と書いてある通り、TOEIC900という錯覚資産を利用して、海外事業部マーケティング部門に配属され海外出張経験+海外駐在というポジションを手に入れられたという経験から、錯覚資産は私にとってはプラスに働いているようです。

TOEICと錯覚資産について...

日本人みんなが当たり前のようにTOEIC900取るような時代が来なければで錯覚資産になりそうです...グローバリズムと英語学習 - Market Hackで書かれているように"みんなが英会話を学び始めたら、ちょうど大学出という学歴の価値が暴落したように「英会話が出来る」ということの価値も、暴落する。だから日本人は、ずっと英会話下手で居てほしい!"というのが本音です...

 

資格について面白い記事を発見。『就活に資格を役立たせたい人に教えたいコツ | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準』より:

  • 「○○が得意です」とアピールするだけでは、具体的にどの程度できるのかがわかりにくいですが、「○○検定1級持ってます」と言えれば、自分のスキル・強みを客観的に示せますし、「なるほど、そのくらい得意なんだ」というのが一発で相手に伝わります。資格は自分のパーソナリティや特質を簡潔かつわかりやすく伝えることができる便利なツール
  • あまり重要視されないけれど実はバカにできない資格のメリットとして、「精神衛生効果」もあります。「資格を持っていることが自信につながり、ポジティブに行動できる。精神的に余裕がもてる」というものです。ただの漠然とした「何らかの実績」ではなく、資格として形に残すことで安心できるのです。

Source: 就活に資格を役立たせたい人に教えたいコツ | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準