Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

備忘録: アメリカ駐在者がクレジットスコアをあげるには、上限額の20%以上を使わない

ãcredit scoreãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

アメリカ駐在員陸マイラーバイブル『アメリカ在住陸マイラー家族の野望』を読んでいて初めて知った知識があるのでメモ...

クレジットスコアを構成する要素に「Utility Rate」というクレジットカードの上限額の何割を使っているか?を示すものがあるようです。

あまりに割合が高いとクレジットスコアが上がらないようです...理想は20%に抑えることらしいです。

妻と普通に買い物してたら20%超えないか...

最後のUtility rateは今自分があるクレジットカードの上限額の何割を使っているか?を示し、あまりに割合が高いとクレジットスコアが上がりません。

理想は20%に抑えることが一番早くクレジットスコアをあげる方法であるといわれています。

つまり、今所持しているアメリカのクレジットカードの合計上限額が$10000だとすると、クレジットカードを使う金額をそのうちの20%つまり$2000以内に抑えていると早くクレジットスコアが上がりやすくなります。

ここがちょっと落とし穴で、アメリカに来てせっかくクレジットカードあるんだから全ての買い物をクレジットカードでして、ポイントとマイルをたくさん貯めよう!

と張り切っていると、意外と早くクレジットスコアは上がりません。理由はこのUtility rateが20%以上だからです。

裏技:例えば限度額が10000ドルで20%が2000ドルなので理想は2000ドルを超えないようにすればクレジットスコアが早くあがると説明しました。たくさん買い物してもいつも2000ドルを超えないように頻繁に支払いすれば20%をキープでき、さらに使った分だけのマイル&ポイントを貯めることができます。

20%に抑えながら、クレジットスコアが上がるのを待てばその後入会ボーナスがいいクレジットカードを作ることができます。その方が最初からたくさんクレジットカードを使い、クレジットスコアが上がるのに時間がかかってクレジットカードが作れないという状況より数倍マシです。

Source: アメリカ駐在員必見!アメリカでの生活を豊かにするアメリカクレジットカード完全攻略ガイド | アメリカ在住陸マイラー家族の野望