Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

これは分かる気がします: W杯でのメッシを例に考えるボディランゲージの重要性

あまりメッシのことを知らない人がワールドカップ期間中のメッシを見たら「関心がなさそうだ」「失意の人のようだ」と見えてしまうかもしれません,,,,実際は違うのに...

アメリカに住んでいると、日本人はどうしても内向的に見られてしまうかもしれませんので、自分の行動を調整してみようと思います。

内向的な人は常に、誤解されるという問題に直面している。私たちは、本当の自分でいなくてはならない。ただ、他人が自分をどう判断する可能性があるのかについて知り、自分以外の誰かになろうとするのではなく、できれば行動を調整してみることは、私たちの助けになる。

forbesjapan.com