Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

日常で英語に触れる機会 - ミレニアル世代で最も多い回答は「洋楽を聴く」(36.7%)

Source: DMM英会話、「世代別の英語学習」に関する調査結果発表〜「ミレニアル世代」は、他世代と比べて“20倍”日常で英語に触れている〜|株式会社DMM.comのプレスリリース

 

日常で英語に触れる機会の中で洋楽をただ聞くのではなく、歌詞を見ながら聞いたり、歌詞の意味を

ミレニアル世代で最も多い回答は「洋楽を聴く」(36.7%)、その他の世代で最も多い回答は「海外ドラマ・洋画を観る」(43.1%)という結果となりました。「洋楽を聴く」という回答は、その他の世代でも2番目に多く、洋楽は幅広い世代を通して英語に触れる機会となっていることが読み取れます。

 

safariman.hatenadiary.com