Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語学習

洋楽の歌詞を教材に英語を勉強しTOEIC 900点台を獲得した方法を紹介するブログ

Sam Smith(サム・スミス) 新曲の『Too Good At Goodbyes』について語る

「Sam Smith talks Too Good At Goodbyes, Stormzy & more!」の画像検索結果

サム・スミスが2015年の“Writing’s on the Wall.”以来のソロ・シングルをリリースしました。

新アルバムの中で自分自身について歌った曲は4曲だけで、“Too Good At Goodbyes”はそのうちの一曲であるとインタビューで答えております。この曲は実際のリレーションシップにインスパイアされているようです。

“Too Good At Goodbyes” is Sam Smith’s first solo release since 2015’s “Writing’s on the Wall.”

In a Beats 1 interview on the day the song dropped, Sam said only four songs on the album “are about [him],” and “Too Good At Goodbyes” is one of them. He told Zane Lowe how the song was inspired by a real relationship:

 インタビュー訳: この曲は僕が実際に経験したことを歌っている。基本的には関係が良くなったり行き詰まってしまうというような内容であって..僕は未だにまさにシングルなんだ。Lonely Hourをリリースした時よりももっとシングルになっている。皆さんは、僕が言ったように、この曲が僕自身のことと僕が経験したことを題材にしている曲だというのがわかると思います。

[The song is] about a relationship I was in and it’s basically about getting good at getting dumped. … I’m still very, very single. I think I’m even more single than I was when I released In the Lonely Hour, so I’m insanely single. … People are going to see, this one as I’ve said is about me and something that I’ve gone through.

動画

www.youtube.com

safariman.hatenadiary.com