Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

4言語を操るディーン・フジオカさんが英語を持つキッカケになったのは洋楽

「ディーン フジオカ」の画像検索結果

英語が堪能な人で洋楽が英語に興味を持つようになったキッカケとなった人の記事を見つけました。

子供の頃好きだった洋画や洋楽が、外国語に興味を持った原点。米国留学を機に、海外に飛び立ちました。

洋楽の歌詞の意味を知りたいと思い、英語を道具として自分な興味のあるものを知ろうとする姿勢は英語の達人の多くに共通すると思います。

特に引きつけられたのは、洋画のレーザーディスクや洋楽CD。「オズの魔法使」といった往年のミュージカルや、マイケル・ジャクソンの「スリラー」――。父が仕事でよく海外に行っていたので、その都度、お土産を買ってきてくれたんです。字幕や和訳がなかったので細かい内容は分からなかったけれど、海外の雰囲気を感じるのが楽しくて。自然と英語の発音にも慣れました。次第に「登場人物は何を話しているんだろう?」「この歌の意味は何?」と、英語に興味を抱くようになったんです。

 Source: 4言語を操るディーン・フジオカさんの「英語術」 :日本経済新聞