Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

リスニングアップをめざすなら英語の「聞き流し」より「音読」

「apple music ad」の画像検索結果

 私が洋楽英語

 

ハナコさんは、「文字で読むと理解できる内容でも、音だけだと聞き取れない」という特徴があります。ですから、まずは自分がしっかりと正しい発音で声に出して読めるようになるのが、聞き取れるようになるために近道なのです。「発音できるが聞き取れない」という音は存在しないのですから。

もちろん、「発音できないが聞き取れる」ようになることも可能ですが、そのために費やす大量の聞き込みの時間を考えると、発音練習をして音をマスターする時間のほうがずっと短いのです。

似たようなケースで、リスニング対策としてリーディング活動の速読を勧めることもあります。「ナチュラルスピードのリスニングが苦手」という方には、リーディングのスピードを上げるトレーニングが効果的だからです。

Source: 英語の「聞き流し」より「音読」が効果的だ | 実践!伝わる英語トレーニング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準