Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強/学習しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

海外駐在をすると給料はどのくらい増えるのか?貯金はどのくらい貯まるのか?

 

 

海外駐在すると給料がかなり高くなると思いますが、どのくらいUPするのでしょうか?またはどのくらい貯金できるのか?国内でダブルインカムが片っ方になってもカバーできるのか?

以下、各サイトから様々情報をメモベースで引用していきます。

To be continued....

 

給料アップ情報

  • 海外駐在員の給料は、基本的に現地通貨で受け取る現地給料と日本円で受け取る海外赴任手当の二本立てになります。 現地給料は現地で暮らしていくためのお金になり、海外赴任手当はそのまま赴任期間中の貯金となることが一般的です。source: http://savvy-life-savvy-style.com/expat-how-much-saving/
  • 給料が比較的高いなんといっても、駐在員のメリットは【待遇の良さ】です。会社によって、赴任する国によって給料は違いますが、日本で働く同期よりは確実に給料がアップするでしょう。お金の面では、確実に日本にいるときよりも楽になります。高い給料や手当の中にはなれない国で暮らさなければならない【我慢料】が含まれていると考えるのが妥当かと思います。海外志向の人達にとっては給料も増えて海外で働く経験の機会ももらえて良いことずくめかもしれませんね。Source: https://workingoversea.com/work/tyuzai/

貯金情報

  • 2013年6月時点での総資産額は260万円、予算上は帰国予定の2018年3月には 1,970万円となっていますので、5年間で1,700万円貯めたことになり、1年間で340万円貯金が増えている計算になります。Source: http://savvy-life-savvy-style.com/expat-how-much-saving/