Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強/学習しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

かつて英会話教室に通い、TOEICで900点台を取ったこともある。

わたしはRareJobを大学生時代に利用しましたが、英会話に慣れるという観点で大いに効果があったと実感しています。自分は全く話せない、語彙がないという現実を実感できます。

 記者は「大きなサメだね」と話を合わせたが、かつて英会話教室に通い、TOEICで900点台を取ったこともある。「いつかネーティブスピーカーを相手に世界経済を熱く語りたい」という野望もあるだけに、サメの話はやや物足りなかった。


フィリピン人講師のレッスンを受ける記者
 もっとも、初心者にとって25分間のレッスン時間中ずっとフリートークを続けるのはかなり骨が折れるはずだ。これを継続できれば英会話レベルはぐっと上がりそうだが、無理をして挫折しないよう初めのうちはフリートークとテキストをバランスよく組み合わせるといいのではないか。講師プロフィルを検索して趣味などで共通の話題を見つけておいてもいい。

Source: オンライン英会話、月6000円台中心 チャットが便利|マネー研究所|NIKKEI STYLE