Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

世界に取り残される日本の「英語力」

ノンネイティブの英語力が上がっているのですね、、仕事で訪れた中国・東南アジアの人々でそのまま欧米で働けるのではと思うくらいの英語力の人々を何人も見ました。

これまでは、単に英語でコミュニケーションがとれれば十分であった。しかし、過去20年の間にネイティブではない話し手の英語力が急速に向上したため、英語を高度なレベルで話したり書いたりする力がますます期待され、求められるようになっている。この高度なレベルの英語力には、その基礎となる明確かつ理路整然として説得力のあるプレゼンテーションや文章を作成できるような論理的思考、分析力、批判的思考が育成されていることが前提となる。

こうした基礎的能力は、日本を海外に説明するためだけではなく、外国人を説得し、交渉するためにも不可欠である。さらに、世界の選りすぐりの人材が、日本へ留学や大学での研究のために来日したい、あるいは日本で働いてみたいと思ってもらうためにも、日本人の英語を聞く力と話す力を世界的に遜色のないレベルに引き上げる必要がある。

Source: 世界に取り残される日本の「英語力」 [グレン・S・フクシマの知彼知己] | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)