Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

備忘録/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/ファッションバイヤー/副業・複業(輸出入業)/1990s | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだこと

洋楽が小学校の授業で活用され始めたようです

f:id:yougaku-eigo:20170722082606j:image

 ●15分授業で達成感
 長野県北相木村立北相木小の松倉邦幸教諭(37)は、昨年4月から週2回、2時間目と3時間目の間の休み時間の後の15分に外国語活動の授業をした。教科化で新たに求められる「書く」「読む」の2技能に慣れ親しむことを目標に、15分を3分ずつ(1)英単語を声に出して読む(2)英単語をなぞり書きする(3)英文を声に出して読む(4)英文をなぞり書きする(5)洋楽を歌う--の五つに分割。3分で区切ることで授業にスピード感が出て、テンポが良くなったという。

Source: 毎日新聞