Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

子供をインターナショナルスクールに通わす

子供をインターに通わせることができたら、子供がバイリンガルになって国際的になってなどいろいろと良さそうなイメージですが、正直自分のAnual Incomeでは学費を払えなそうです。。以下の記事によると1人あたり、年間300万は超えるらしいです....

――そこまでして、なぜわざわざインターに?

我々の質問を予期していたのだろう、エミさんはかぶせるように答える。

「そもそも、東大も早慶も目じゃないってことです」

ぴしゃりと言い切られ、取材班は思わず「はぁ」と間の抜けた声を出してしまった。

ご存知の通り、英国タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)が毎年発表している世界大学ランキングにおいて、東京大学はトップ10にも入っていない。

2016-2017年の順位は、実に39位である。(ちなみに、アジアのトップは中国の北京大学で29位。)

「子どもたちには、小さくまとまって欲しくないんです。広い視点を持ち、世界で活躍できる人材になってもらいたい」

東大や早慶を出ても、世界で活躍できる人材にはなれない。エミさんは続ける。

「息子が通うインターは9年生(日本でいう中学3年生)までしかないので、卒業後は家族でアメリカに移り住み、現地のハイスクールに通わせようと考えています」

子どもの教育のために移住?!

常識では考えられない―。そう思ってしまったが、その常識こそがエミさんの言う「小さくまとまった」人間の思考回路なのかもしれない。

とはいえファミリーで海外移住する日本人家族はもちろん少数。ごく一部の優秀な生徒は、海外のボーディングスクール(全寮制の進学校)に進学、その他は日本国内のインターナショナルハイスクールやアメリカンスクールに進む子どもたちが大半だという。

そして、世界のトップレベル……スタンフォード、オックスフォード、アイビーリーグ*加盟校やMIT**などを目指すのである。

 Source: 華麗なるお受験!インターママは世界狙いだ | 東京カレンダー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準