Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

海外経験 主体性引き出す

どこの国の学生も自分がやりたいことが見つけられないと悩むのですね.....

 海外留学支援を手がけるSoloGroup(ソログループ、松山市)の共同創業者、光峰ルークは起業するまで様々な国、地域で生活してきた。各国で共通して感じたのは、多くの大学生が自分がやりたいことを見つけられていないとの思いだ。海外滞在を成長の好機と捉え、学生らに課題解決に取り組んでもらうことで、主体性を持つ人材を育成している。

 「学生がやりたいことを見つけられていないのは、日本もオーストラリアも台湾も中国も一緒だと感じた」。光峰は多くの国や地域で生活し、肌で感じたことを強調した。

Source: 海外経験 主体性引き出す ソログループ共同創業者 光峰 ルーク氏 滞在中に課題を与え育成の場に 外国の学生招き日本で研修 :日本経済新聞