Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

EDMとパリピについてのコラムが興味深いです『大学卒業後は大手優良企業へと就職。バリバリと真面目に仕事をこなしながらも、通勤時にはEDMを聴いたり....』

「Party people」の画像検索結果

私の知り合いで洋楽が好きでヒップホップからR&B、PopやEDMをよく聞いている女性がるのですが、彼女はウルトラに行くようなパーティーピーポーと自分を一色淡にされたくないと言っていたのを聞いて、彼女があまり好ましいと思っていないパリピとは一体何なのか?というのをGoogleしてみました。Googleしている中で見つけたのが、【コラム】体育会系"パリピ"はなんでEDMが好きなの? 真面目に考えてみた | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイスという記事の中で、パリピという人々を面白く紹介していたので一部をご紹介します。

パリピというと、ニッチでオシャレなクラブシーンを好む美容師、読者モデルといった伝統的パリピを連想する方も多いと思いますが、ここで取り上げるのはあくまで「体育会系パリピ」です。体育会系パリピとは、学生時代は人数が多いオールラウンドの運動サークルに在籍し、ごくごく自然な流れで友好的かつ円満な対人関係を築きあげ、もちろん難なく恋人も作って幸せな日々を送り、大学卒業後は大手優良企業へと就職。バリバリと真面目に仕事をこなしながらも、通勤時にはEDMを聴いたり、週末は友人を自宅に招いてはパーティーなどでシャンパンを開けつつEDMを楽しむ……というような、もう本当に健康的かつ人生の覇者である!といった勝ち組ロードをひた走っている人物です。半分くらい私の勝手な妄想が入っていますけど。

 たしかに私の知っているParty Peopleは、上記に書かれているように大学卒業後は大手優良企業へと就職。バリバリと真面目に仕事をこなしながらも、通勤時にはEDMを聴いたり、週末は友人を自宅に招いてはパーティー(or 六本木や西麻布のクラブ)などでシャンパンを開けつつEDMを楽しむような人が多いかもしれません。

フジロックとか興味ない、でもウルトラは何がなんでも行きたい、サマソニはまあ暇なら行ってもいいけどレベルらしい

という描写も面白いです。パリピをあまり好ましく思っていない人向けの記事のような気がします.....

John LegendColdplayの客層とJustin Biberやウルトラに行く客層の違いなのでしょうか....

EDM関連製品

[rakuten:mixcd24:10047614:detail]

[rakuten:book:17860638:detail]

[rakuten:e-bms:10004892:detail]