Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

子供たちの「英語格差」

こんな世界があるのですね....私が生まれ育った地域は田舎だったのであまり経験したことがないですが、子供の英語学習にお金をかけている親御さんは多いきがします。。自分が親になったらどうなるんだろう...強制はさせてくないですが...

f:id:yougaku-eigo:20170422062031p:plain

Source: 活動ランキング: 学校外教育活動に関する調査 - ベネッセ教育総合研究所

 

 小学校の英語教育は、基本的に「英語に慣れる」ことが目的なので、子供たちは楽しんで英語を学ぶ。資金的に余裕のある学校では、外国人の講師を雇うケースもあり、子供たちは「異国の人」に接し、身振り手振りで異国の人とコミュニケーションが取れることをとても喜ぶ。

小学校まで「楽しかった」英語が嫌いになる理由

 ところが中学になると、小学校の時には楽しいと学んでいた英語を嫌う生徒が増える。その理由の1つが、英語エリートの存在というのである。

 「中学になると、経済的に余裕のある家庭の子供は、英語のエリート教育を受けるんです。すると子供の世界は残酷なので、英語ができる子供ができない子供をバカにする。するとバカにされた子供は、自信を失い、それまで楽しかった英語が楽しくなくなり、次第に授業にもついてこられなくなり、英語が嫌いになるんです」

Source:「英語が話せなきゃ…」 子供を不幸にするオトナの無責任な英語至上主義 (3ページ目):日経ビジネスオンライン

 

 

5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法

5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法

 
完全改訂版 バイリンガル教育の方法 (アルク選書)

完全改訂版 バイリンガル教育の方法 (アルク選書)

 
バイリンガルは5歳までにつくられる

バイリンガルは5歳までにつくられる