Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

楽天、英語教育事業に本格参

 

たかが英語!

たかが英語!

 

 

楽天従業員にTOEIC800を取らせたknow-howを活かすのでしょうか、、

 

 楽天は4月21日、英語学習サービス「Rakuten Super English」を開始し、英語教育事業に本格的に参入すると発表した。第1弾として、Lingvistが提供する外国語学習ソフト「Lingvist(リングビスト)」と、楽天グループのReDucateが提供する英語学習アプリ「まなみ〜」を提供する。

英語学習サービス「Rakuten Super English」

英語学習サービス「Rakuten Super English」
 同社は、事業のグローバル展開拡大に向けて、2010年より社内公用語の英語化に取り組んでおり、従業員のTOEICテストスコアの平均点は830点(楽天単体)を超えるという。今後は、同社の培った経験やノウハウを活用し、英語学習者向けにテクノロジを活用した新たな学習スタイルを提案。さらに、教育機関や企業・団体向けに、英語活用方法や英語力向上に関するコンサルティングなども行う。