Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

海外駐在をするということ...

 

日本人が海外で最高の仕事をする方法――スキルよりも大切なもの

日本人が海外で最高の仕事をする方法――スキルよりも大切なもの

 

 

 

海外駐在、、、海外駐在が決まって実際に移住するまでが書かれている記事を見つけましたのでシェアいたします。

 

とっさにいい話ではないなと感じたが、まずは身をただし椅子に腰掛けた。ややあって社長から「アメリカに赴任してくれ!」と切り出された。すかさず私は「分かりました。行きます!」と即答し、そのまま席を立とうとしたところ、社長は少し慌てたように「ちょっと待ちなさい」と私を制し「実はな…」と言葉をつないだ。

 

この夜はいつもより遅い帰宅となったが、食事の後、思い切って妻にアメリカ行きの話を切り出してみた。ところが妻の返答は意外なものだった。「行きましょう!」とこちらもまた間髪入れずの即答である。私は少し拍子抜けしたものの、ひとまずホッとした。それから子供の教育のことや、残していく両親のことなど、夜遅くまで話は続いた。

 

Source : 

business.nikkeibp.co.jp