Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

日本語で意味をしっかりと理解した上で、英語を繰り返しリスニングし、音読して、頭に刷り込む

f:id:yougaku-eigo:20170221121050p:plain

 

著書やコラムで英語を喋れる人の頭の中には英語専用の言語中枢があって、この英語脳は聞いて⇒脳で意味を理解して⇒声に出して(発音して)⇒聞いて⇒を繰り変えすことで発達していくと書いてきましたが、

日経ビジネスオンラインのコラム『「英語脳」と「スピーキング」の関係』では、日本語で意味をしっかりと理解することで=日本語脳をフルにつかって英語回路を作ることで最短で英語脳を作ることが提唱されています。洋楽英語学習法の場合、歌詞の和訳を使って英語歌詞の意味を理解する手助けをすることになると思います。

 

その一つの答えが、日本語で意味をしっかりと理解した上で、英語を繰り返しリスニングし、音読して、頭に刷り込むことなのです。つまり、すでにある、日本語という「深い蓄積」に英語を結び付けてしまうわけです。

 

そうなると、もう開き直って、日本語脳をフルに活用し、そこに、いわば疑似的に英語の回路を作ってしまう方が早いということになります。国内で会話力を身に付けようとする場合には、そのぐらい現実的にアプローチすることが必要です。「英語を英語で」という方法も有り得ないわけではないですが、実際にはとても大変で、脱落する可能性が高いです。