Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

声を出さない英語学習は無意味

f:id:yougaku-eigo:20170117174503p:plain

このコメントには100%同意いたします。私自身も自分の経験的に英語を聞いて声に出すこと(音読、ディクテーション)が、一番効果のある英語学習だと感じております。

このコメントは タイム、AIUTOEICを普及する国際コミュニケーションズを経て、現在英語教育コンサルティング会社(株)アイ・シー・シー代表取締役トヨタSONY富士通日本航空等の大手企業や英語教員を務めた千田潤一(ちだ・じゅんいち)氏によるものです。

まず、声を出さない英語学習は無意味っていうことを、はっきり言い切らなきゃダメだと思います。言葉は基本的に音ですから、声を出さない英語学習は無意味だと。声を出しての学習なら、1日5分からでもいいと思います。

by 千田潤一・アイ・シー・シー代表

 

関連記事


洋楽学習の教材

safariman.hatenadiary.com