読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Safari Man -洋楽歌詞の和訳で英語学習

「洋楽の歌詞の脚注」がこれほど大きな価値をもつとは誰も予想していなかったと思います。歌詞の意味を知りたいという需要は想像以上に巨大です。洋楽の歌詞には、人生について、現在の社会や世界について、さらには経営について学ぶところが極めて多いと常日ごろから思ってきました。

たった3ヵ月でTOEIC940点!平凡な中年サラリーマンに「奇跡」が、たった3か月の勉強の末、初受験で940点を取ったとたん、人生がガラリと変わったのです。  会社では、「英語ができる」と評価されて、念願の国際イベントの担当に抜擢されました。

英語関連ニュース

f:id:yougaku-eigo:20161212113318p:plain

Source : Certificat TOEIC Youssef Bourhrous 940 - CV - Youssef Bourhrous

 

Diamond Onlineで『たった3か月でTOEICテスト940点! 47才中年サラリーマンの奇跡を呼ぶ勉強法』の著者が、連載を書いております。

3ヶ月というに短期間過ぎて驚きますが、、ぜひ読んでみたい一冊です。

 

 

 

「すごいよ、まさに『中年サラリーマンの奇跡』だね」
 と、30年来の友人が驚きの声を上げました。

 私が、『たった3か月でTOEICテスト940点! 47才中年サラリーマンの奇跡を呼ぶ勉強法』の出版報告をした時のことです。

 友人が驚くのも無理はありません。
 私は、TOEICや英語教育のプロでも研究者でもありません。
 47才で、TOEICを初受験するまでは、英語コンプレックスを抱く、典型的な落ちこぼれサラリーマンでした。

 中学生の時から英語が苦手で、何をやっても続かない。ラジオ講座は2週間以上続いたことがないし、英会話学校は初日で落第。
 英語が話せないから、国内営業に配属されるものの営業成績はそこそこ。
 職場では後輩にどんどん先を越され、この先出世の見込みも、希望も無い。
 残業に追われて、会社と自宅を往復するだけの毎日で、「こんなはずじゃなかった」とため息をつきつつ、社員食堂の伸びたラーメンをすする……。

 そんな私が、たった3か月の勉強の末、初受験で940点を取ったとたん、人生がガラリと変わったのです。

会社では、「英語ができる」と評価されて、念願の国際イベントの担当に抜擢されました。
 海外の要人や、国際機関と英語でやりとりすることもあります。
 サラリーマン人生の後半で実現した大逆転。まさかの「社内転職」でした。

 一番驚いたのは、同僚や取引先の態度です。「英語が得意そう」というだけで、「仕事ができそう」と思ってくれるのです。
 会議で発言するといっせいに顔を上げてくれたり、仕事のアドバイスを求められたりするようになりました。

 サラリーマン生活25年超。
 華やかな世界とは無縁でしたが、一生懸命に働き、それなりの成果も上げてきたつもりです。それがTOEICのスコアで、周囲の反応がここまで変わるとは予想をしていませんでした。
 あまりの変化に、「こんなことなら、もっと早くTOEICを受けておけばよかった」と、猛烈に後悔したくらいです。

Source : 

diamond.jp