Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語学習

洋楽(Pop、R&B、EDM、HipHop、Rockなど)を素材に、日常会話で用いられる英単語・英語表現を紹介。「洋楽の歌詞の脚注」がこれほど大きな価値をもつとは誰も予想していなかったと思います。歌詞の意味を知りたいという需要は想像以上に巨大です。洋楽の歌詞には、人生について、現在の社会や世界について、さらには経営について学ぶところが極めて多いと常日ごろから思ってきました。-Genius創業者

シンガポール・スリング発祥の地ラッフルズホテルのロング・バーへ行ってきました 実態調査・レポート

f:id:yougaku-eigo:20161207060925p:plain

 

陸マイラーとしてこつこつ貯めたANAマイルと海外出張でこつこつ貯めたANAマイルでシンガポールへ行った際に、シンガポール航空の機内で出てくるカクテル"シンガポール・スリング"の発祥の地と言われている名門ラッフルズホテルのロングバーへ行ってきました。

 

シンガポールと言えばRaffles Hotel(ラッフルズ・ホテル )と言われるくらい有名な名門ホテルらしいです。

safariman.hatenadiary.com

 

Singapore Sling(シンガポール・・スリング)とは?

 

その名の通り、シンガポール生まれの名カクテルである。1915年、シンガポールラッフルズ・ホテルのロングバーのバーテンダーであった、厳崇文(嚴崇文、Ngiam Tong Boon)が最初に作ったのが始まりである。なお、シンガポール・スリングのスリング(Sling)とは、ドイツ語のSchlingen(飲み込む)からきていると言われ、スピリッツに甘みと酸味を加えて水で割った飲み物。他にもジン・スリング、ウォッカ・スリングなどがある。このシンガポール・スリングも、本来そのバリエーションの一つである。2015年、100周年を迎えた。

Source : Wikipedia

イギリスの小説家サマセット・モームが“東洋の神秘”とたたえた、世界一美しいと言われるシンガポールの夕焼けを表現したカクテル。1915年、シンガポールラッフルズホテルで考案された。トロピカルカクテルの傑作といわれている。

f:id:yougaku-eigo:20161207061058p:plain

 

f:id:yougaku-eigo:20161207061124p:plain

f:id:yougaku-eigo:20161207061145p:plain

f:id:yougaku-eigo:20161207061203p:plain

f:id:yougaku-eigo:20161207061233p:plain

f:id:yougaku-eigo:20161207061024p:plain

ラッフルズスタイルの本場オリジナルのシンガポール・スリングのカクテルレシピが見れます。一般的??日本のバーで出てくるのシンガポール・スリングと違って使われている原材料が多いです。

 

 一般的なレシピ
ドライジン 45 ml
チェリー・ブランデー 15 ml
レモン・ジュース 20 ml
砂糖 1 tsp
ソーダ水
飾り - マラスキーノ・チェリー

f:id:yougaku-eigo:20161207064824p:plain


ラッフルズ・ホテルでのレシピ
上記が一般的で、かつラッフルズ・ホテルで最初に作られたオリジナルに近いものとされているが、現在のラッフルズ・ホテルでは、ニャン・トン・ブーンの甥で、1970~80年代にラッフルズホテルのバー部門責任者として手腕を振るったロバート・ブーンの手により、見た目のイメージをより南国を思わせるものに変身させ、更に味もトロピカルなテイストを強調し、実質的にはロバート考案の創作カクテルと言ってよいほどレシピが変えられている。


ドライ・ジンビーフィーターのもの) 30 ml
チェリー・ブランデー(チェリー・ヒーリング) 15 ml
パイナップルジュース 120 ml
ライムジュース 15 ml
コアントロー(ホワイト・キュラソー) 7.5 ml
ベネディクティン 7.5 ml
グレナデン・シロップ 10 ml
アンゴスチュラ・ビターズ 1 Dash
飾り - パイナップルのスライスにチェリーを竹のピンで刺し、オリジナルグラスのふちに飾る。

作り方
ソーダ水以外の材料をシェークし、氷を入れたタンブラーに注ぐ。
ソーダ水を満たし、チェリーを飾る。
また、チェリーブランデーはシェークせず、最後にグラスに沈める作りかたもある。 

f:id:yougaku-eigo:20161207061316p:plain

とりあえずバーテンダーさんにオーダーしました。一日500杯も出ると言われるだけあって忙しそうです。

 

f:id:yougaku-eigo:20161207061350p:plain

カウンターの雰囲気。ここでヘミングウェイなど文豪が飲んでいたと思うと、、

少し離れた場所でBartenderさんがシェイクしてくれているのが見えます。こんな感じです as below.


 

 

f:id:yougaku-eigo:20161207061424p:plain

f:id:yougaku-eigo:20161207061446p:plain

一般的なレシピ[編集] ドライジン 45 ml チェリー・ブランデー 15 ml レモン・ジュース 20 ml 砂糖 1 tsp ソーダ水 飾り - マラスキーノ・チェリー ラッフルズ・ホテルでのレシピ[編集] 上記が一般的で、かつラッフルズ・ホテルで最初に作られたオリジナルに近いものとされているが、現在のラッフルズ・ホテルでは、ニャン・トン・ブーンの甥で、1970~80年代にラッフルズホテルのバー部門責任者として手腕を振るったロバート・ブーンの手により、見た目のイメージをより南国を思わせるものに変身させ、更に味もトロピカルなテイストを強調し、実質的にはロバート考案の創作カクテルと言ってよいほどレシピが変えられている。 ドライ・ジンビーフィーターのもの) 30 ml チェリー・ブランデー(チェリー・ヒーリング) 15 ml パイナップルジュース 120 ml ライムジュース 15 ml コアントロー(ホワイト・キュラソー) 7.5 ml ベネディクティン 7.5 ml グレナデン・シロップ 10 ml アンゴスチュラ・ビターズ 1 Dash 飾り - パイナップルのスライスにチェリーを竹のピンで刺し、オリジナルグラスのふちに飾る。 作り方[編集] ウィキメディア・コモンズには、シンガポール・スリングに関連するカテゴリがあります。 ソーダ水以外の材料をシェークし、氷を入れたタンブラーに注ぐ。 ソーダ水を満たし、チェリーを飾る。 また、チェリーブランデーはシェークせず、最後にグラスに沈める作りかたもある。