Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

ラッフルズホテルのハイティー(アフタヌーンティー)訪問: ティフィンルーム徹底解説

f:id:yougaku-eigo:20161206202643p:plain

陸マイラーとして貯めたANAマイルでシンガポールへ行った際に、名門ラッフルズホテルのハイティーの実態を調査すべくティフィンルームへ行ってきました。

シンガポールと言えばRaffles Hotelラッフルズ・ホテル )と言われるくらい有名な名門ホテルです。

safariman.hatenadiary.com

ローフトップバー巡りもしましたが、昼は普通に観光していました。

※もともとアフタヌーンティーとは、イギリス上流社会の伝統的な英国式ティータイムのことで、夕方から始まる「お茶の会」のことを意味していました。 このスタイルは、三段式トレイにサンドイッチ、スコーン、デザートとのっていて、作法としては下の段から順番に頂きます。 一方、ハイティーとはイギリスの庶民的な「軽い夕食」の意味。 

f:id:yougaku-eigo:20161206202936p:plain

年末年始の為、電話で予約をしていきました。電話越しでのシングリッシュ?は聞き取りづらいのかと思っておりましたが、そんなに訛っていなく問題なかったです。

予約は必須なようです。HPにも書いてあります。

ご予約&お問い合わせ:
TEL:+(65) 64121816
Eメール:dining.singapore@raffles.com
事前のご予約を強くお勧めします。

 

営業時間 

毎日のご朝食:午前6時30分~午前10時30分
毎日のビュッフェ ランチ:正午~午後2時
毎日のアフタヌーンティー:午後3時~午後5時30分
毎日のビュッフェ ディナー:午後7時~午後10時

f:id:yougaku-eigo:20161206203011p:plain

f:id:yougaku-eigo:20161206203043p:plain

ホテルのロビーも豪華でした。

f:id:yougaku-eigo:20161206203128p:plain

以下、オフィシャルホームページの紹介文ですが、食事は絶品でした。サンドイッチが美味しかったです。

Raffles Singapore(ラッフルズ シンガポール)にお越しの際には、ぜひティフィンルームでのお食事をお楽しみください。ランチまたはディナーに、カレービュッフェは、観光客の皆様にも現地の人々にも大人気です。ベジタリアンの方にもお召し上がりいただける野菜カレーなどの本格的な北インド料理をご用意しております。午後には、イギリスの伝統にのっとってハイティーをご提供しています。デリケートなお菓子が3段トレーに並べられ、トレーに入らないものはビュッフェに並べられます。ティフィン ルームでは朝食もご用意しています。おいしい各国料理をお召し上がりください。

ティフィンとは「昼間の軽い食事」を意味します。日曜日にカレーとともにティフィンを楽しむのは、20世紀初頭の植民地時代の欠かせない習慣でした。Raffles Singapore(ラッフルズ シンガポール)では1899年よりご提供しております。この伝統を記念して、メイン ダイニングルームは1976年に正式にティフィン ルームと名付けられました。

f:id:yougaku-eigo:20161206203217p:plain

ドレスコード:スマートカジュアル。水着、ジーンズ、スリッパ、ショートパンツ、野球帽でのご入店はご遠慮ください。男性のお客様は襟付きシャツ、丈の長いパンツ、つま先が覆われた靴をご着用ください。

と書いてありましたが、Smart Casualって何だ!?と思いながら、一応シャツとスラックスと革靴で行きました。

お客さんは日本人+スマートなアジア人、欧米人という感じでした。みんな品が良さそうです。

 

f:id:yougaku-eigo:20161206203242p:plain

スイーツも充実しております。