読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語学習

洋楽(Pop、R&B、EDM、HipHop、Rockなど)を素材に、日常会話で用いられる英単語・英語表現を紹介。「洋楽の歌詞の脚注」がこれほど大きな価値をもつとは誰も予想していなかったと思います。歌詞の意味を知りたいという需要は想像以上に巨大です。洋楽の歌詞には、人生について、現在の社会や世界について、さらには経営について学ぶところが極めて多いと常日ごろから思ってきました。-Genius創業者

ラッフルズホテルのハイティー(アフタヌーンティー)へ行って来ました。ティフィンルーム徹底解説

f:id:yougaku-eigo:20161206202643p:plain

陸マイラーとして貯めたANAマイルでシンガポールへ行った際に、名門ラッフルズホテルのハイティーの実態を調査すべくティフィンルームへ行ってきました。

 

シンガポールと言えばRaffles Hotel(ラッフルズ・ホテル )と言われるくらい有名な名門ホテルです。

safariman.hatenadiary.com

 

ローフトップバー巡りもしましたが、昼は普通に観光していました。

※もともとアフタヌーンティーとは、イギリス上流社会の伝統的な英国式ティータイムのことで、夕方から始まる「お茶の会」のことを意味していました。 このスタイルは、三段式トレイにサンドイッチ、スコーン、デザートとのっていて、作法としては下の段から順番に頂きます。 一方、ハイティーとはイギリスの庶民的な「軽い夕食」の意味。 

 

f:id:yougaku-eigo:20161206202936p:plain

年末年始の為、電話で予約をしていきました。電話越しでのシングリッシュ?は聞き取りづらいのかと思っておりましたが、そんなに訛っていなく問題なかったです。

予約は必須なようです。HPにも書いてあります。

 

URL : ティフィンルーム - Raffles Singapore(ラッフルズ シンガポール)

 

ご予約&お問い合わせ:
TEL:+(65) 64121816
Eメール:dining.singapore@raffles.com
事前のご予約を強くお勧めします。

 

営業時間 

毎日のご朝食:午前6時30分~午前10時30分
毎日のビュッフェ ランチ:正午~午後2時
毎日のアフタヌーンティー:午後3時~午後5時30分
毎日のビュッフェ ディナー:午後7時~午後10時

f:id:yougaku-eigo:20161206203011p:plain

f:id:yougaku-eigo:20161206203043p:plain

 

ホテルのロビーも豪華でした。

 

f:id:yougaku-eigo:20161206203128p:plain

以下、オフィシャルホームページの紹介文ですが、食事は絶品でした。サンドイッチが美味しかったです。

Raffles Singapore(ラッフルズ シンガポール)にお越しの際には、ぜひティフィンルームでのお食事をお楽しみください。ランチまたはディナーに、カレービュッフェは、観光客の皆様にも現地の人々にも大人気です。ベジタリアンの方にもお召し上がりいただける野菜カレーなどの本格的な北インド料理をご用意しております。午後には、イギリスの伝統にのっとってハイティーをご提供しています。デリケートなお菓子が3段トレーに並べられ、トレーに入らないものはビュッフェに並べられます。ティフィン ルームでは朝食もご用意しています。おいしい各国料理をお召し上がりください。

ティフィンとは「昼間の軽い食事」を意味します。日曜日にカレーとともにティフィンを楽しむのは、20世紀初頭の植民地時代の欠かせない習慣でした。Raffles Singapore(ラッフルズ シンガポール)では1899年よりご提供しております。この伝統を記念して、メイン ダイニングルームは1976年に正式にティフィン ルームと名付けられました。

f:id:yougaku-eigo:20161206203217p:plain

ドレスコード:スマートカジュアル。水着、ジーンズ、スリッパ、ショートパンツ、野球帽でのご入店はご遠慮ください。男性のお客様は襟付きシャツ、丈の長いパンツ、つま先が覆われた靴をご着用ください。

と書いてありましたが、Smart Casualって何だ!?と思いながら、一応シャツとスラックスと革靴で行きました。

お客さんは日本人+スマートなアジア人、欧米人という感じでした。みんな品が良さそうです。

 

f:id:yougaku-eigo:20161206203242p:plain

スイーツも充実しております。

 

カメラをパシャパシャ撮るのは恥ずかったのであまり写真を取れていませんが、雰囲気が伝われば幸いです。