読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Safari Man -洋楽歌詞の和訳で英語学習

「洋楽の歌詞の脚注」がこれほど大きな価値をもつとは誰も予想していなかったと思います。歌詞の意味を知りたいという需要は想像以上に巨大です。洋楽の歌詞には、人生について、現在の社会や世界について、さらには経営について学ぶところが極めて多いと常日ごろから思ってきました。

洋楽を使った英語勉強ではリスニングから入ることが正解

洋楽英語学習

f:id:yougaku-eigo:20161129114030p:plain

 

洋楽英語学習では、最初のStepとして、初めに好きな曲を聴くことをおススメしてきました。その理由は英語学習の最大の的である抵抗感をなくすために自分の興味・関心がある英語(好きな教材)を使うこと、日本の英語教育がしてこなかった音から入るアプローチを実践できるからです。

日経ビジネスオンラインの下記の記事では音から入ることがなぜ良いか以下の通り説明しております。

 

リスニングから入ったというのは正解です。言葉は、耳から覚えるのがもっとも負担が少なく効果的だからです。そもそも「音+意味」が言葉の正体です。

 Source: 実録:英語で仕事ができるようになった人:日経ビジネスオンライン

 

しかし、ただ聞くだけでは学習の効果が得られません。もし洋楽のサビ・コーラスを聞いて一回で意味が取れれば問題ないのですが、学習の初期段階では大意がわかってもすべて聞きとるのは難しいと思います。

そのような場合は、スクリプト(歌詞)歌詞和訳を見て聞こえてきた英語の意味を理解する必要があります。意味の分かる英語を聞くことが英語を身体に染み込ませることができるのです。

意味の分かる英語を聞くことが大事な理由はコチラから。

 しかし、英語と日本語は音声が異なりますし、語順も違いますので、スクリプトの英文と和訳を突き合わせたり、音読したりして、音声・意味・文字をしっかりと結びつける必要があります。

 次に、学習法がとても大切であることが分かります。私たちは、普段日本語を、それこそ、ペラペラと話しているわけですから、言語能力が無いということは有りません。ある程度までは必ずいけます。問題はその方法です。このコラムでもさまざまな角度から効果的な方法をご紹介しています。

 

ブログ著者の出版書籍ご紹介

www.lifehacker.j

 

オススメ記事

safariman.hatenadiary.com