Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

TOEICは一般に英語力テストと考えられていますが、私自身が63歳で初めて受験して、むしろ情報収集能力テストだと考えています。

f:id:yougaku-eigo:20161128152153p:plain

 

TOEICは英語の基礎力を測る以外に、2時間に200問をスピーディーに解く必要があるため情報処理能力を測るテストとも言われておりますが、たしかにそのような側面もあると思います。集中して解かないと時間が足りなくなります。

 

TOEICは一般に英語力テストと考えられていますが、私自身が63歳で初めて受験して、むしろ情報収集能力テストだと考えています。2時間で200もの問題に回答しなくてはなりません。「今日の夕飯何を食べようかな」「あそこにきれいな女性がいるな」なんて思った瞬間、質問が追いかけられなくなってボロボロの結果になります。集中力、判断力、注意力、タイムマネジメント能力が非常に問われる試験なのです。

 Source : 「火事場の馬鹿力」を発揮できる会社とは (2ページ目):日経ビジネスオンライン

 

ブログ著者の出版書籍ご紹介

www.lifehacker.j

 

オススメ記事