Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

私の学生時代の洋楽学習法まとめ 洋楽で英語を勉強した際のTOEICの伸び

f:id:yougaku-eigo:20170412162607p:plain

私は学生時代に洋楽を英語学習の教材に勉強しました。帰国子女や外資系で英語をバリバリ使っている人に比べれば実践力は劣りますが、曲りなりに英語を使って仕事をしています。

学生時代に実践した勉強方法を以下に紹介します。

 

メイン学習(洋楽)

  • 毎日、通学中に洋楽を聞く(2~4時間)
  • 洋楽を聞く際に、歌詞(スクリプト)を見ながら聞く
  • 歌詞の知らない表現・単語をチェック
  • 理解度を高めてまた聞く
  • 歌詞を見ながら一緒に歌う(音読)

 

補助勉強(メイン種目(洋楽)の補助トレ筋トレのような感じです)

  • 英語耳で正しい発音を覚える
  • 瞬間英作文(英文法+スピーキング・ライティング)
  • キク単語(音で単語を覚える)