Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

ビジネス英語メールでは「短い英語」が有効 ダラダラ長いのは伝わりにくい

私も、日本語の回答文書を英訳するときに、和文の文書のニュアンスを伝えようとすると、どうしても「~と思われる」のようなぼかした文に英訳しがちになります。

 

ほんとうにぼやかしたいときは問題ないですが、そうでないときは意図がハッキリ伝わらなそうです。

 

「新しい政策は、売り上げ増加に効果があると思われる」
Our new policy is thought to be effective for increasing sales.

 「売り上げ増加に効果があると思われる」は、伝えたい中身が定まらず、ぼやかした表現です。

 実際に「売り上げが増加する」のか、または「売り上げ増加につながりそう」なのかが不明です。そのような場合、「3語」で表すことは難しく、is thought to be effectiveのように長い英語表現となってしまいます。

 「3語の英語」を使って、伝える内容も組み立て直しましょう。

Our new policy will increase sales.
(新しい政策により、売り上げが増加すると思う)

 はっきり明快な印象に変わりました。動詞には、1語で表せる明快なもの(今回はincrease(~を増加させる))を使いました。

 また、「~と思われる」を表していたis thought toは、助動詞will に変更しました。

Source : 「短い英語」が一番使える!日本語のぼやかし表現とさようなら!|会話もメールも英語は3語で伝わります|ダイヤモンド・オンライン

 

 

会話もメールも 英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります

 

 

ブログ著者の出版書籍ご紹介

www.lifehacker.jp

 

 

オススメ記事