読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Safari Man -洋楽歌詞の和訳で英語学習

「洋楽の歌詞の脚注」がこれほど大きな価値をもつとは誰も予想していなかったと思います。歌詞の意味を知りたいという需要は想像以上に巨大です。洋楽の歌詞には、人生について、現在の社会や世界について、さらには経営について学ぶところが極めて多いと常日ごろから思ってきました。

洋楽を口ずさむことも立派な音読です。 - 東洋経済オンライン記事 "英語を話せる人は何を「音読」しているのか?"

洋楽英語学習

f:id:yougaku-eigo:20161125104804p:plain

 

洋楽が英語学習(音読)に使えるという趣旨のコメントを東洋経済オンラインのビジネス・ブレークスルー大学経営学部教授 青野 仲達氏の記事『英語を話せる人は何を「音読」しているのか?話せない「根本的理由」から見える対策』で見たので、本記事にて紹介させていただいております。

 

一般的な音読の素材としては、英文講読用の教科書やニュース記事などが挙げられます。また、洋楽を口ずさむことも立派な音読です。

 

Source : 

英語を話せる人は何を「音読」しているのか? | 英語学習 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

 

ビジネス・ブレークスルー大学経営学部教授

青野 仲達氏:

 
ビジネス・ブレークスルー大学経営学部教授
ブルーフィールド株式会社代表取締役社長。早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業。アメリカン・エキスプレスを経て、ハーバード大学経営大学院(Harvard Business School)にてMBAを取得。米国ボストンで世界最大級のオンライン英会話スクールとなったイングリッシュタウンの創業に携わり、2004年に株式会社GABA(Gabaマンツーマン英会話)を設立、2006年に代表取締役社長として東証マザーズ上場を果たす。著書に『MBA式英語学習法』(PHP研究所)、『リーダーになる人の英語力』(かんき出版)、『グローバル時代を生き抜くための ハーバード式英語学習法』『欧米人を論理的に説得するための ハーバード式ロジカル英語』(秀和システム)などがある。