Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

ビジネス英語「いろいろ検討したが、やはり~」

私は、この表現を使う機会がありました。

顧客の要求・提案して、こちらで検討したが、相手の要求を満足させるsolutionを提案回答できなかったときに使用しました。

この表現を使わざるおえない場面に遭遇することがあると思うので、覚えとくと便利でした。

 

“We have considered all the options, but …”

 

この表現は日経ビジネスの以下の記事を読んで覚えました。

参考になると思います↓

 

読者がおっしゃる通り、「しょうがない」に近いのは“There is no other way.”でしょう。“(I, we, etc) can't help it”は「私(私達)にはどうすることもできないよ」といったニュアンスです。

 ただし、私でしたら“I have considered all the options, but …”と表現します。最終的にGive upするのか、ある1つのSolutionを選ぶのか、なんらかの結論があると思いますので、but以降にそれを続けます。

 例えば“we just have to give up on this opportunity”、“this is the best solution I can think of”、“nothing seems to meet customer's request”といった具合です。

From : http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20121019/238272/