Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

バイリンガルなだけでは海外でオペレーションはできません。 田崎 ひろみ JACリクルートメント会長

バイリンガルなだけでは海外でオペレーションはできません。
田崎 ひろみ JACリクルートメント会長

バイリンガルなだけでは海外でオペレーションはできません。”(田崎 ひろみ JACリクルートメント会長)

名言の解説:英語はできても、意識が日本を向いているので、現地になかなかなじめない。バイカルチャーな人は、異文化に対する理解度が高いので、オペレーションの質に2倍、3倍の差が出てきます。海外で成功するためには、まず欠かせない人材です。
編集長インタビュー(日経ビジネス2015年12月21日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。

注目記事