Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語学習

洋楽(Pop、R&B、EDM、HipHop、Rockなど)を素材に、日常会話で用いられる英単語・英語表現を紹介。「洋楽の歌詞の脚注」がこれほど大きな価値をもつとは誰も予想していなかったと思います。歌詞の意味を知りたいという需要は想像以上に巨大です。洋楽の歌詞には、人生について、現在の社会や世界について、さらには経営について学ぶところが極めて多いと常日ごろから思ってきました。-Genius創業者

ベトナム旅行記 ホーチミン・サイゴンのルーフトップ・バーを一人で制覇してきました

一年中暑いホーチミンでは、オープンエアのルーフトップバーで開放感を味わいながら飲めるルーフトップ・バーがたくさんあります。DJがいて良い感じにEDMが流れております。アジアの熱気を感じながら、現地の英語を喋れる方々と楽しく交流してきました。

まずはホテルへ到着

これから繰り出す、夜の街を眺めます。どういう順番で回ろうか部屋で作戦を考えます。一人で一晩で4軒回るというアホなプランです。朝までかかることは必須ですが、勢いとEDMと酒で何とかなるだろうと思い、有名どころをピックアップ。

f:id:yougaku-eigo:20160806074553p:plain

f:id:yougaku-eigo:20160806074607p:plain

部屋からの風景です。着いたのが夕暮れどきでしたので、良い感じの景色です。ホーチミンは高層ビルが沢山建っており都会ですが、街にはまだまだ東南アジアの雰囲気を残しているところがたくさんあります。これが失われてシンガポールや東京みたいになってしまったらなんの魅力もありません。屋台で食事をして腹を壊すかもしれないというスリルと隣合わせで飲み歩くのが楽しいと思うのです。(今回はルーフトップバーめぐりですが)

ルーフトップ・バーが盛り上がってくるのは早くとも22:00くらい、それまではホテルの最上階のバーで飲んでおりました。

f:id:yougaku-eigo:20160806075541p:plain

ベトネムではハイネンケンが多く売られておりました。地元のビールと味がにているのだとか。

f:id:yougaku-eigo:20160806075938p:plain

二杯目はシンガポール・スリング。つい最近、シンガポール・スリング発祥の地ラッフルズホテルで本場を飲んできましたが、こちらのシンガポール・スリングはシェイクしないでただ混ぜるだけのもの。。味はまあまあでした。

夜も遅くなってきたのでそろそろルーフトップバーへ向かいます。

移動はタクシー、英語が通じないのでベトナム語で書かれた住所のスクリーンショット

移動はタクシーです。タクシーは安いです。しかし、香港やシンガポールのようにタクシードライバーに英語が通じないので以下のようにベトナム語で書かれた住所をスマホスクリーンショットをして、その画面を運転手に見せます。ルーフトップバーに着いたら、セキュリティー、店員さんや客などは英語が話せますので、なんの問題も無しです。

f:id:yougaku-eigo:20160806080601p:plain

例えば、OMGというバーに行きたければ、上記のようにスクリーンショットを撮っておきます。Wifiがなくてもスマホの電源がある限り問題ないです。

まずは一軒目です。

Chill Sky Bar