Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

ブリヂストンCEO兼会長も洋楽を英語学習に取り入れいた "歌詞の対訳を見て、格好いいフレーズがあれば真似して歌っていましたね"

f:id:yougaku-eigo:20160802083647p:plain

社内の「英語公用化」を2013年から導入したブリヂストン。CEO兼会長の津谷正明さんは、今でこそ英語は堪能だが、「入社した時には全く英語がダメだった」と言う。
 海外での仕事に憧れて入社したブリヂストンでの最初の配属先は、英語が飛び交う部署だった。

【聞く(2)】「映画」「音楽」の英語を聞いて、さらに聞く力を強化する

── 最初の「聞く」ことに重点を置いた勉強法から、次はどんなステップに進んだのですか。

 言葉や表現をTPOで使い分けられるように、リアリティーの高い英語を身につける方法を考えました。ここでも「映画」と「音楽」を使い、「聞く」ことをさらに応用させた形にしました。
 日常生活のシーンに応じて最適な言葉を学ぶには、映画がとても役に立ちました。中でもニューヨークのマフィアを描いた「ゴッドファーザー」のシリーズが大好きです。ビジネスシーンで使える名台詞も多い。
 当時はビデオでしたから、字幕を見て気に入ったシーンは繰り返し見て、発音の真似をしました。DVDで見れば「英語」の字幕を出したり消したりできるので、どんな言葉かが一目で分かって便利ですよ。

── もう1つの音楽は?

 歌詞の対訳を見て、格好いいフレーズがあれば真似して歌っていましたね(笑)。韻を踏んだ曲や、リズムの速い曲を歌えるようになるまで真似して続けると、滑らかにしゃべれるようになる。
 ここでお話しした勉強法は、英語に触れる「量」を増やすのが目的です。完璧に覚えようとせず、「10やったら2つ、3つ覚えればいい」くらいの楽しみ半分でいいと思います。


Cite from : 日本経済新聞
URL : http://www.nikkei.com/article/DGXMZO02108920Q6A510C1000000/?df=3

safariman.hatenadiary.com